冠婚葬祭や事故、病気など急な出費でお金が必要となったときに便利なのが「カードローン」です。 もちろん、誰でも無限に利用できるものではありません。 貸す方だって返ってくる根拠がなければ貸したくないですよね。 そのために利用に関して審査が必要となってきます。

主な審査基準としては仕事の有無とその収入、これまでのローンの利用歴、自己破産していないかなどなどです。 やはり大きなポイントは安定した収入があるかどうかになってきますので専業主婦や正社員でないアルバイトなどは審査が通りにくかったりもするとか。 それでも借り入れたい金額によっては通ったりもするので何より一度審査を受けてみるといいでしょう。 ちなみに私は学生の頃アルバイトでしたがそれでカードローンを利用できました。

ただ、貸す方は親切で貸してくれる訳ではなく商売としてやっています。 たいてい借りた金額より多く返さなければならないものです。 いわゆる利子というものですね。 そういったことも忘れずに必ずどうしても仕方のない必要な金額だけに利用するようにして下さいね。

銀行系カードローン

カードローンというものは一般的には利用したことのない方も多く利用に関してイメージ的に良い印象がなく抵抗を感じている方もいるかもしれませんね。 それでも不意に給料日前でまとまったお金が必要となる場合もこの先ないとは限りません。

そうった時に友人や家族に借りるのも一つの手ですが、お金の貸し借りというのは親しい間柄であればあるほどあまりお勧めできない行為です。 そこで紹介したいのが銀行系カードローンです。

カードローンを扱う金融会社というのはたくさんありますがそれが身近な銀行が扱っているものであったならどうでしょうか? もちろんその銀行のATMで利用できる訳です。

自分がよく知っている銀行であれば信用もありますしそれほど抵抗も感じないでしょう。 確かにカードローンを不用意に利用しすぎるのは問題です。

ただ、ちゃんと計画的に考えて利用するのであればクレジットカードの利用と変わらないくらいに安心で便利なものなのです。 万が一のことも考えて、まずは自分の馴染みのある銀行などで調べてみてはどうでしょうか?

金利について

カードローンを扱う金融会社はたくさんありますが、その金利は全て同じではありません。 会社にごとに設定しているものであり、だいたい10%前後が多いようです。 どうせ利用するならなるべく金利の安いところがいいと思われることでしょう。

でも実は借り入れている期間や金額によっては数%違っていても結局金額にすると数円?数十円くらいの違いにしかならないんです。 ですから大切なのは金利よりもいくら借りていつ返せるのかが重要となってくる訳です。

もうすぐ給料日なんだけど遠方の身内に急な不幸があってお金が必要などといった場合には時間をかけてわざわざいろんな会社を比較して少しでも金利の安い条件の良い会社を探すなんてことはあまり必要ないように思います。 こういった場合には出来るだけ身近な場所で利用できるところを探してみるのがいいでしょう。

ただ、大きな金額を長期間にわたって返すつもりで借りたいのであればそれはもちろん低金利のものを探す方がいいかと思います。 でも条件が良ければ審査基準も厳しくなっている場合があるので希望する会社を利用できるかどうかは分かりません。

カードローンはいざという時などに大変心強い存在です。闇金にはお世話になりたくないものです。 参考・・・【闇金相談ガイド】ヤミ金の取り立て対策・解決方法をお探しの方へ

ダイエット食品ランキング